渡辺麻友がラミレスに似ている5つのポイント

渡辺麻友がラミレスに似ている5つのポイント

「まゆゆ」こと渡辺麻友は、先日の選抜総選挙は3位となりましたが、ファンからの期待度、運営からの扱いを見てもこれからのAKB48を担っていく次世代エース候補筆頭であることは間違いありません。その渡辺麻友とプロ野球選手のラミレスが似ていると、主にネット上で話題となっているのですから驚きです。現在横浜DeNAベイスターズに所属するアレックス・ラミレス選手は当然、男性であり、ベネズエラ国籍の外国人です。本当に渡辺麻友がラミレスに似てるなんてことはありえるのでしょうか?



渡辺麻友は今年だけでなく、常に人気を保ち、ソロ仕事もCDデビュー、声優業、女優業等多岐に渡って活躍してきました。総選挙の順位は5位→5位→2位→3位と常に上位ですし、スピーチでの発言からも常に上を目指していく姿勢、センターを目指す姿勢にファンは付いていっているのです。

しかし、そんなAKB48の中心人物が、アイドルの渡辺麻友が黒人野球選手であるラミレスに似ているというのです。たしかにラミレスは愛嬌もサービス精神も実力もある、人気の高い野球選手です。しかし、渡辺麻友がラミレスに、発言、仕草、行動、そういったものでなく顔が似ているというのです。そんなことがあるのでしょうか?ここからいくつかのポイントに分けて渡辺麻友とラミレスが似ていることについて考えていきましょう。


渡辺麻友とラミレスが似てる5つのポイント

①話の発端

渡辺麻友がラミレスに似ているという話の発端は、2010年に2ちゃんねるからであるユーザーがラミレスににているやつがAKB48にいるという指摘から始まりました。その後一年ほど経った2011年から様々なブログ等でその話題がネタ化していき、ネット上では賛否両論別れ、画像等で比較され、盛り上がっていきました。

渡辺麻友ファン、ラミレスファン共に反論意見も多数上がり、ただ似ているという話題にしては意外な程盛り上がりました。

②似ている箇所は?

それでは実際にどこが似ていると言われているのでしょうか?一番わかりやすいのが輪郭、特にあごの形です。シャープな印象の渡辺麻友のあごは角度までそっくりなのです。そして目の印象も似ています。形状が似ているわけではないのですが、当時死んでいると言われることが多かった渡辺麻友の目の印象がラミレスの目と似ています。

笑っていても目はあまり笑ってないという点です。そして、全体を重ねてみても似ているのです。パーツの配置・大きさのバランスも似ている部分があります。しっかりとした鼻、シャープなあご、笑った時のほほの出方等、見れば見るほど似ています。かなり多くの方がまさかと思って比べてみたら似ていると気づいたほど似ています。もちろん、女性、男性、国籍等を取り除いてみてみると見ると別物です。しかし、その点を鑑みた上で見ると意外と似ているのです。

③ラミレスが認めた


話題が盛り上がる中、2011年3月あるユーザーが直接ラミレスに「What do you think of the matter that the child named Mayu Watanabe of AKB48 looks like you?」(AKB48の渡辺麻友という名の子供があなたに似ているということについて、どう思う?)とツイートしました。それに対して、ラミレスが「honto ni? Oh nituru niteru」とツイッターで返信しました。ラミレス自身が認めてしまったのです。

もちろんラミレスのサービス精神がもたらした返信だというの言うまでもないですが、この結果、ラミレスしかしらない巨人ファンや野球ファンに渡辺麻友の存在は知られ、逆に渡辺麻友のファンはラミレスの存在、サービス精神、意外とかわいい顔をしていることを知りました。ネット上のみの話題が急に現実的な影響を及ぼし、プラスに働いたのです。

④渡辺麻友のキャラクター

話題が生まれた頃の渡辺麻友はテレビに出演してもしゃべらずに座っているだけであったり、パッチリとした両眼、乱れない前髪等から「CGアイドル」、「2.5次元」と言われることもあり、アイドルとして作られたかのような存在を売りとしていました。実際本人も自覚しており2010年の第二回総選挙では「起こしてみせます! CGレボリューション!!」というキャッチコピーが総選挙ポスターで使われていました。

そして、話題が盛り上がってきた2011年からソロ写真集を出す等、徐々に自身の道といものを歩み始めた頃でした。そこから声優等の道も歩みだし、様々な可能性を自ら開いていきました。その後いつの間にかCGと呼ばれることは少なくなっていきました。

⑤CGからの脱却

CGキャラとしていた時の渡辺麻友はファンにとっても完璧な存在であり、アイドルとして完成されたものとして見られていました。しかし、渡辺麻友は人間であり、歳をとります。少女性だけでは闘っていけなくなるときが迫っていました。だからこそ自身で声優や女優という可能性を切り開いたのです。新しい渡辺麻友になる為にCGとしての自分を壊したのです。

ラミレスに似ているという話題もちょうど重なるように盛り上がった形となりました。以前なら完璧な渡辺麻友にそんな話題が盛り上がることはなかったでしょう。しかし、ファンにとっても新しい渡辺麻友が必要であったのでしょう。少しくらい馬鹿にされても名が売れることの方が大事でした。実際にどちらが先なのかきっかけなのかは分かりませんが、人間的な魅力を見出そうとしていた渡辺麻友にとってラミレスという存在は結果的にありがたいものとなりました。


いかがだったでしょうか?

いまやAKB48の次世代エース候補筆頭の渡辺麻友がラミレスに似てるという話題は盛り上がりました。客観的に見ると意外と似ています。大ファンにとっては迷惑な話だというかもしれませんが、今の渡辺麻友があるのはCGなだけであった渡辺麻友から抜け出して、溢れる才能と人間性を魅せる渡辺麻友となったからです。

ラミレスに似てるなんてことを言われ、盛り上がるということは渡辺麻友とファンにとっては良い道しるべとなったのです。

Speak Your Mind