篠田麻里子の過去8つのポイント

篠田麻里子の過去8つのポイント

篠田麻里子はAKB48の最年長メンバーとして中心的な役割を担い、AKB48の中ではファン以外にもかわいい、美人と評されるなど、一般人気の高さでも知られています。篠田麻里子は2013年7月21日に卒業の運びとなりましたが、惜しむファンも多いようです。篠田麻里子と言えば、その過去について週刊誌などに取り沙汰されることも度々ありました。華々しい活躍の裏ではいろいろな噂もあるようです。篠田麻里子の過去とは?



篠田麻里子は2013年のAKB48第5回選抜総選挙で、初期メンバー達が軒並み順位を下げる中、昨年に引き続き5位を獲得し安定感を見せました。しかし総選挙の壇上スピーチで突然の引退発表。篠田麻里子は卒業について、秋元康氏に了承を得ていたそうですが、本人のブログで「当日の後輩たちの勢いを見て(卒業を)決めた」と語っており、タイミングは任されていたのかもしれません。

篠田麻里子は女性誌『MORE』の専属モデルや、テレビ、CMなど、個人活動も元々多いメンバーだったため、卒業後も引き続き活躍してくれそうですね。篠田麻里子は身長168cmで細身なモデル体型、また流行のファッションやメイクにも敏感であり、AKB48内では男性人気もさることながら女性からの支持も厚いメンバーとして知られてきました。篠田麻里子はAKB48に加入した経緯も他メンバーとは違い特殊で、また過去についてもいろいろな報道がありました。篠田麻里子の現在の活躍は過去の経験も生きている?篠田麻里子の過去6つのポイントとは?


篠田麻里子の過去を読み解く6つのポイント

①生い立ち

篠田麻里子は1986年3月11日に福岡県で生まれました。血液型はA型。家族構成は、両親・1歳年上の兄・6歳年下の妹の5人家族です。

②高校時代

篠田麻里子は福岡県前原市にある男女共学の公立高校・福岡県立糸島高等学校を卒業しています。過去の週刊誌では篠田麻里子の高校時代について書かれたこともありました。週刊誌では、篠田は何人かに告白されてつきあっていたそう。年下のジャニーズ系だった野球部員には、篠田が友達からメールアドレスを聞き出し、「いきなりだけどゴメン。好きだけどつきあわない?」と自分から告白したと書かれていたようです。過去の交際に関しては積極的なタイプだったようですね。

③キャバクラ嬢時代


篠田麻里子のキャバクラ画像
篠田麻里子は高校卒業後、福岡・中洲のキャバクラ「ガイア」というお店で働いていたとフライデーに掲載されたことがあります。当時の写真も流出しており、信憑性は高いとみられています。過去にキャバクラ「ガイア」で使っていた源氏名は「涼」で、当時から目立っており人気だったようですが、キャバ嬢時代は万年2位だったという話もあります。

篠田麻里子はAKB48内では過去から現在に至るまで安定した位置には居ながら、総選挙ではついに1位を獲得することはありませんでした。篠田麻里子は、敢えて1位を狙わず2位で安定した地位を築くというタイプなのか、それとも純粋に1位は取れないタイプなのか、気になるところではあります。

④キャバクラ嬢引退⇒上京

篠田麻里子が過去に勤務していたとされるキャバクラ「ガイア」に、AKBの運営会社であるAKSの社長・窪田康志社長が来店。窪田社長は篠田麻里子を指名したそう。その後、篠田麻里子は「アイドルになる」と言ってキャバクラ店を辞め、上京します。

⑤AKB48第1期オーディションに落選

篠田麻里子は、公表されている情報によると、2005年のAKB48の第1期オーディションで落選した過去があるとされています。本人はその過去について「オーディションに間に合わなかった」と語っているようです。

⑥カフェっ娘として勤務

篠田麻里子はその後、AKB48劇場内カフェ「48’s Cafe」のスタッフ(通称:カフェっ娘)になることを打診され、AKB48が12月に活動を開始する際、カフェっ娘としての勤務を始めたそう。2006年1月、AKB48の人気投票にてカフェっ娘の篠田麻里子が1位になったそうで、それを聞きつけた秋元康氏によりAKB48のメンバーに抜擢されたそうです。

⑦1期生メンバーから1ヶ月半遅れでAKB48に加入

篠田麻里子は「12曲の歌と振り付けを、次の公演までの4日間で覚える」という条件をクリアし、1期生メンバーから1ヶ月半遅れてAKB48メンバーとしての活動を開始します。篠田麻里子はAKB48への加入の経緯が特殊であり、1期でも2期でもない「1.5期」。

篠田麻里子は過去に、疎外感から自信が持てない時期があったそうで、他メンバーからどう思われているか心配だったようです。篠田麻里子は辛い胸の内を後輩である2期生・秋元才加に明かし、秋元才加は篠田麻里子のことを「他のメンバーと同じ、一緒に夢を追いかける仲間」と答え、以来親愛の気持ちを込めて才加、麻里子と呼び合っているようです。

篠田麻里子はAKB48加入後どんどん綺麗になり、現在の活躍へと繋がっていきます。

⑧篠田麻里子の過去への疑惑について

篠田麻里子は2010年、AKS社長・窪田康志氏の愛人説が週刊誌にて大きく報道されたという過去があります。窪田社長はAKB48のお気に入りメンバーとよく会食をするようですが、その中でも社長の一番のお気に入りは篠田麻里子だったと言われています。篠田麻里子は実際、窪田社長と同じマンションに住んでいたようで、その家賃は窪田社長が出しているとも言われていました。

また篠田麻里子は窪田社長の名義のクレジットカードをいつも持ち歩いているとも言われていたようです。窪田社長側は「篠田麻里子がストーカー被害に遭い、セキュリティ面を考えて事務所借り上げである現在のマンションに引っ越した。他メンバーも都内のマンションを寮として借りている」と弁護士を通じて説明。

しかし篠田麻里子はAKSではない別の事務所に所属しており、疑惑は残っているようです。そうした疑惑から、篠田麻里子は過去、上京前から窪田康志氏の愛人であり、オーディション抜きにAKB48に選ばれたという噂もあるようです。篠田麻里子の愛人説は根強い噂ではありますが、決定的と言える証拠はないようです。


いかがだったでしょうか?

篠田麻里子は過去、地元・福岡県の中洲でキャバクラ店に勤務し、その後上京、1期生の1.5ヶ月遅れでAKB48に加入して現在に至るようです。この上京に関しては、篠田麻里子の勤務先のキャバクラ店にAKBの関連会社・AKS社長の窪田康志氏が来店したことがきっかけとの噂もあり、篠田麻里子には根強い愛人説があります。しかしそうした過去の噂があってもファンは離れず、篠田麻里子は安定の人気を保っています。

Speak Your Mind