島崎遥香ジャニヲタ疑惑の5つのポイント

島崎遥香ジャニヲタ疑惑の5つのポイント

男性のアイドルならジャニーズ、女性のアイドルならAKB48。現在の日本のアイドル界はこの二つの勢力がアイドル業界を引っ張っているといっても過言ではないでしょう。そんな二つの勢力にまたがって今ある噂がでています。AKB48のメンバーである島崎遥香のジャニヲタ疑惑です。島崎遥香のジャニヲタ疑惑は本当なのでしょうか?



ぱるる」、または「ポンコツ」という愛称で親しまれ、前回の総選挙よりグッと順位を上げ、12位とトップ10も視野に入ってきた島崎遥香。そんな島崎遥香のジャニヲタ疑惑はファンならずとも気になるところでしょう。実際に「島崎遥香 ジャニヲタ」と検索をしてみると、「ジャニーズメンバーとの熱愛疑惑」といった見出しが出てきます。実際には、島崎遥香がジャニーズのメンバーと熱愛したという確定報道は出ていませんので、あくまでもネット上での噂。

特に、ドラマ「私立バカレア高校」では島崎遥香が主演を努め、その中でジャニーズJrとの共演があったので、それを見たファンが「島崎遥香はシャニヲタだから何かあったのでは?」と勘ぐっているのかも知れません。しかしながら、実際のところ、島崎遥香はジャニヲタなのでしょうか?そしてそれは責められるべきことなのでしょうか?ファンにたしての裏切りなのでしょうか?


島崎遥香はジャニオタ?5つのポイント

①ジャニーズは男性アイドル界No.1

まず、島崎遥香のジャニヲタ疑惑の前に、現在の男性アイドル界の状況から考えていきましょう。現在、女性アイドルに関しては、AKB48を筆頭にももいろクローバーZ、ハロプロ、東京女子流など群雄が割拠している状況であるのに対して、韓流の台頭は女性アイドルも同じものの、国内でみると男性アイドル界はジャニーズの寡占状態といっても過言ではないでしょう。AKB48や、ももいろクローバーZなど女性アイドルグループには比較的女性ファンも多く、ニュースでもAKB48の投票券を100票以上持ち選挙に挑むファンの姿も報道されました。

つまり女性アイドルヲタの女性ファンもいるのに対し、男性で熱心なジャニヲタがいるというのはあまり聞きません。つまり、ジャニーズは対女性ジャニヲタをターゲットに全てのイメージ戦略、マーケティングを行っていると考えられます。その様な戦略に対して、まだまだ若く、男性にも免疫の少ない島崎遥香がジャニヲタとなってしまうのも無理はありません。

②アイドルヲタの島崎遥香

島崎遥香はジャニヲタというより、アイドルヲタとしての経歴の方が長いのではないのでしょうか?高校1年生の時にオーディションを受け、AKBのメンバーとなった島崎遥香ですが、もともとアイドルの「振りコピ」もしていた位のアイドルヲタでした。つまり、この頃からジャニヲタならずとも、ヲタとしての要素は持っていた訳です。

ヲタという呼称を定義するのは難しいのですが、一般には何がしかのものに熱中、没頭する人を一般的にヲタと呼びます。そうすると、島崎遥香は何か興味があると熱中する、没頭するタイプであるのでしょう。たまたまその矛先がジャニーズに向かったとすると、島崎遥香がジャニヲタになるのは必然であり不思議なことではありません。

③島崎遥香のキャラクター


島崎遥香のジャニヲタ疑惑に関するネット上の反応には比較的おだやかな反応が多く見られます。特に女性ファンからは、「だって女の子なんだからしょうがないじゃん」という反応が見られます。男性のファンも強硬意見派は「ジャニヲタだからジャニーズ目当てにAKBに入ったんじゃないの?」という一部厳しい意見も見られますが、それほど過激ではありません。これには島崎遥香のキャラクターも関係しているのではないかと推測されます。

島崎遥香のキャラクターは、どちらかというと妹キャラ。そんな妹のジャニヲタ疑惑が囁かれても、「はしか」や、「風邪」にかかった位にしかファンは思っていないのではないのでしょうか?お兄さん的なファンからしてみれば、「そのうちジャニヲタも卒業するさ」、お姉さん的なファンから見れば「そりゃ年頃の女の子だからジャニヲタにもなるさ」という妹キャラ島崎遥香に対する寛容な見方が大勢です。

④仮想恋愛、脳内恋愛としてのジャニヲタ

AKB48は恋愛禁止。これは誰もが知るAKB48のメンバーの鉄則です。しかし、恋愛至上主義がはびこる現代。しかし、島崎遥香が恋愛を世間的に封じるのはプロとして当然です。こうした普通の女の子としての島崎遥香、プロのアイドルとしての島崎遥香のバランスを取るために彼女がジャニヲタに逃げ口を求めたとしても批判はできません。

メンタル的なバランスを取るために仮想恋愛、脳内恋愛をしてもそれを世間的に公表しない限りはプロのアイドルとしての島崎遥香は存在を許されます。もし、そうした事が原因となってジャニヲタとなった島崎遥香がいたとしたらそんな彼女を責めることができるでしょうか。

⑤ファンの同族嫌悪

ジャニヲタの女性のアイドルヲタの男性に対する批判は痛烈です。「ジャニヲタはアキバのアイドルヲタとは違って汚い格好とかしていない。」、ジャニヲタはファッショナブルな子も多いけど、アイドルヲタはキモイ。」など痛烈な批判が多く書かれています。客観的に見れば、ヲタというのはファッションのカテゴリーのひとつではなく、自分の行動に対してつけられる呼称ですのでジャニヲタも、アイドルヲタにもヲタとしての変わりはありません。

同族嫌悪という言葉がありますが、アイドルヲタにとってはそうした批判があることも含めてジャニヲタの存在を疎ましく思えるのではないかと思われます。一部のファンが自分の推しメンである島崎遥香が嫌悪の対象であるジャニヲタであるということに対して攻撃的になるのもこうして考えると理解できないこともありません。


いかがだったでしょうか?

島崎遥香がジャニヲタであるという疑惑に対しては、一部の過激な意見を除いて、比較的寛容な意見が多いと思われます。それは彼女のキャラクターが大きく関係しているのではないのでしょうか?じゃんけん大会でセンターを獲得し、さらに総選挙でもグッと順位を上げてきた島崎遥香。

握手会で塩対応と呼ばれながらもこれだけの人気を誇るにはファンの理解が必要です。大島優子、篠田麻里子といった先輩に比べるとどうしても未だに素人感を捨てきれない島崎遥香。

しかし、彼女の魅力はそうしたところにあるのではないのでしょうか?一部の批判的な意見はあるものの島崎遥香を推すファンにとっては、彼女がジャニヲタだろうとなんだろうと、推さなくてはならないメンバーであり、普通の女の子みたいにジャニヲタであることも彼女の魅力の一つになっているのでしょう。

Speak Your Mind