指原莉乃2chでの評価5つのポイント

指原莉乃2chでの評価5つのポイント

指原莉乃といえば、ファンとのスキャンダルのためにHKTへの移籍を余儀なくされたにも関わらず、6月8日に行われた第5回AKB総選挙でファン投票1位を獲得した今最も注目のアイドルです。しかし、これだけの人気にも関わらず、日本最大級の掲示板サイト2chでは肯定的な意見が多くはありません。この一見矛盾した関係性の中に、指原莉乃のアイドルとしての本当の姿が浮かび上がってきます。2chにおけるファンたちの真の評価はどうなっているのでしょうか?



恋愛禁止が今や周知の事実となっている国民的アイドルAKB。その中において熱愛報道が取りただされ、姉妹グループHKTへの左遷を言い渡された指原莉乃。当然、6月8日に行われた総選挙でも、その影響を大きく受けるであろうと普通なら考えますが、結果1位に驚かなかった読者はどれほどいますでしょうか。もちろん、選挙の途中経過や、今までの活躍からすれば当然だという声もあるかもしれません。

しかし、同じ境遇にあった峯岸みなみが順位を落としているのと比較をしても、ここには何らかの指原莉乃だけの魅力があるということがわかります。にも拘らず、2ch上では指原莉乃を応援する声は多いとは言えず、この2つの事象だけを比較すると矛盾が生じてきます。しかし、2chを読み進めていくうちに、そこに大きな関係性を見出すことができるのです。そこには2ch住人達ですら意識していなかった今後のAKBの在り方、また、アイドルそのものの在り方の変化が生まれてきているのです。


指原莉乃の2chにおける評判5つのポイント

①キャラ設定が「ヘタレな妹」

AKBがそれほど世間に知られていなかった当時から指原莉乃は「ヘタレキャラ」としてグループの中に位置づけられていました。それが決定的になったのが、TBSのアイドル育成バラエティー「さしこのくせに」です。全国ネットでタイトルに自分の名前が入っているというのはそれだけ期待が大きい証拠です。ガンダムオタクなどでも知られる土田寛之との共演も、2ch上のAKBファンのツボをついていました。

そして、見逃してはいけないのが「妹」キャラ。年上のような寛容さが見られず、わがままな指原莉乃は2ch上のファンの目線から見ると、手のかかる妹。それでも一生懸命頑張る姿に、2ch上の住人でなくとも、つい応援してしまうのです。2chスレッド上では「さっしーって苛めたくなる妹キャラだよね」というコメントもあります。

②いじられキャラで共演陣からも重宝

バラエティーなどでの他の芸能人との共演時に、どうしてもアイドルとして付きまとってしまうのが、「事務所的にNG」という壁です。アイドルとしてのイメージを守るという意味では当たり前なのですが、共演者側からしてみればどこまでいいのかわからないので遠慮してしまいます。

2ch住人にとっても選抜メンバーでは、ファンに角が立ってしまうし、選抜外のメンバーでは話題性に乏しい。そんな中、一番話題性に華があり、いじりやすいのが指原莉乃だったのです。

③モー娘。のファンを公言


指原莉乃のアイドルという枠を越えている特徴のもう一つに「モー娘。」のファンを公言していることがあります。モー娘。の立場からすればこのアイドル戦国時代においてライバルとさえいえるAKBの1番人気のメンバーからラブコールを送られているのですから、心境は複雑です。

しかし、2chのスレッドを見ても、このモー娘。ファンであること自体に批判的な発言はあまりありません。アイドルというとどうしても自分だけのファンを大切にしてしまうのが当たり前ですが、ここでも既存のアイドルというイメージを壊し、「アイドルにも好きなアイドルはある」という新しい概念を作り出したのです。

④2ch住人の感心

本音トークで既存のアイドルという枠を壊し続けている指原莉乃。ただ、場をわきまえないのかというとそういうわけではありません。某番組で「モー娘。とAKBどっちに入りたかった?」と聞かれて、指原莉乃は「モー娘。」と答えてしまいます。この答えにがっかりしてしまうのは表面的なファンであり、指原莉乃の内面的な部分を好きになった2ch上のファンならば理解を示します。

少し考えるとわかりますが、AKBと答えてしまったなら、番組的にもつまらないものになってしまい、2ch住人には、飽きられてしまう可能性すらありました。そこでモー娘。と答えることにより、話題を振りまき、モー娘。ファンを喜ばせ、その傍若無人ぶりからさらに2ch上でもアンチを増やすことに一役買ったのです。

しかし、どれだけ2ch住人のアンチは増えたとしても、興味を持たれていることに変わりはありません。敵を増やすことにより、より多くの人達をAKBの世界に引き込んでいるのです。そんな心理を2ch住人達は感じ取っているのかもしれません。

⑤指原莉乃は「時代の申し子」

アベノミクスで景気回復傾向にあるとは言え、これからも先行きが不透明な時代。そんな中、指原莉乃はアイドルという仕事に本音で立ち向かい、チャンスを生かせなくても、周りに何を言われようとも自分の信じた道を一生懸命突き進む。

2ch住人達のあるものはそんな指原莉乃の姿にストレスをぶつけたり、癒しを得たり、あるものは同情し、またあるものは自分に重ね合わせ、応援します。こんな時代だからこそ、ヒール(悪役)でさえ、応援してしまいたくなるのです。まさしく「時代の申し子」です。

つまり、指原莉乃の2chでの叩きは、「愛情の裏返し」であるとともに「さらなる愛情を生む増幅装置」の役目を果たしているのです。小学生男子が好きな女の子をいじめてしまうのと同じ心理かもしれませんね。


いかがだったでしょうか?

指原莉乃は既存のアイドル像を壊し続ける新しいタイプのアイドルなのです。そして、そんな指原莉乃の才能をいち早く察知し、より多くの人たちがAKBに関心を持つようにコメントをし続ける2chの住人達。彼らは指原莉乃をときに厳しく、ときに優しく見守りながら、日々話題にできるネタを探し続けているのです。
今後の指原莉乃、そしてAKBグループから目が離せません。

Speak Your Mind