大島優子が何カップ?5つのポイント

大島優子が何カップ?5つのポイント

AKB48の大島優子は、過去の選抜総選挙で1位を2度獲得するほか、それ以外の時も常に上位をキープしている超人気メンバーです。その人気を支えているのは、あの愛らしいルックスとともに胸の大きさも要因の一つでしょう。そこでインターネットを中心に大島優子の胸のカップサイズが話題となっています。果たして大島優子は何カップなのでしょうか?



好き嫌いは別にしても、今の芸能界、音楽界の席巻状況からして、AKB48は国民的アイドルグループと言っても過言ではないでしょう。その中心メンバーにして、選抜総選挙では常に人気最上位をキープしている大島優子の胸の大きさについては、AKB48関連の話題の中でも、かなりの盛り上がりを見せています。

そもそも、AKB48ほかその姉妹グループを含めて、水着やグラビアの露出も多く、メンバーの多くが胸の大きさ等の話題を抱えているのですが、特に大島優子についてはそのカップサイズについての関心も大きく、記載する人間によっても大島優子が何カップであるかは、かなりの幅を持って見解が分かれています。本人がカップサイズを公表してない以上真実は分かりませんが、具体的なポイントを整理しながら、大島優子の胸のカップサイズについて読み解いていきます。


大島優子のカップはいくつか?

①カップの定義について

まずは、そもそも「カップ」の定義から確認します。女性からしてみれば、日常生活の中で当たり前のように知っていることであっても、男性にとっては接する機会の少ないものです。

「カップ」というのはブラジャーのカップ数を示しており、そのサイズについては、トップバストとアンダー(ボトム)バストの差で決められているとJIS規格では定義されています。よって、大島優子が何カップか読み解くには、彼女のトップバストとアンダーバストについて考える必要があるということになります。

②スリーサイズについて

最初に述べましたように、胸のカップサイズは、バストのトップとアンダーの差で判定されるものであるため、その両方のサイズについて考える必要があります。大島優子については、AKB48の公式サイトに記載はないものの、所属する太田プロダクションのホームページにプロフィールとしてスリーサイズが記載されています。記載のスリーサイズはバストが82センチ、ウエストが55センチ、ヒップが81センチとなっています。

さすがにアンダーのサイズや胸のカップサイズについては記載されていませんが、公称されている数値としてひとつ指針となります。この数値の真偽や、いつの時点の情報かということもありますが、少なくとも2010年以降はこの数字がプロフィールとして公表されているため、信頼度は高いものとして考えてよいでしょう。

③成長過程


大島優子は、幼少期から子役として芸能界デビューし、AKB48においても比較的初期のメンバーとして活動していきました。2009年頃には公称スリーサイズにおいてバストが77センチとなっていたことからも分かるように、成長過程としてサイズアップすることは十分に考えられます。また芸能界で活躍しているアイドルであれば、成長以外の要素で胸のサイズが大きくなることも多々あることです。

しかしながら事務所プロフィールにおける公称スリーサイズ等がある程度の期間変わっていないことから考えますと、現在公称されているスリーサイズをもって、カップサイズを考えることができるということになるでしょう。

④他のメンバーとのカップサイズ比較

身長や体型がバストのカップサイズと密接に関係していることは誰もが認めることで間違いはないでしょう。そこで、大島優子と身長や体型が似ているアイドル等と、見た目からカップサイズを測ることは、有効な方法のひとつであります。その中でも、同じグループとして活動しているアイドルからの値を参照することが合理的であると考えられます。

大島優子と同じAKB48として活動する川栄李奈は、公称身長は152センチと大島優子と全く同じ身長です。これもあくまで見た目等からの推測にはなりますが、彼女のカップ数はBからCカップであるというのがインターネット等を中心とした世間の意見の大半です。同じ身長であって、両者のアンダー(復位)の差がそれほど大きくないと思われる状況であれば、大島優子の方が川栄李奈よりカップサイズが大きいというのは見た目からして間違いないでしょう。

⑤他のメンバーとの比較推定

また、同じAKB48のメンバーの梅田彩佳も身長151.5センチと大島優子とほぼ同じ体型です。彼女はツイッター等で自身がAカップであることを認めていますので、比較するには分かりやすいひとつの指針となります。彼女は現在スリーサイズを公表していませんが、過去のデータ等を集約しますと、バストは75~80センチのようです。そこからAカップであることの逆算をしますと、アンダーバストは65~70センチであることが想定されます。

これも見た目からの推測ですが、梅田彩佳と大島優子のアンダー(復位)の差がそれほど大きくないことを考えれば、大島優子のアンダーバストも65~70センチであることが想定されます。


いかがだったでしょうか?

大島優子はトップが82センチ、アンダーを65~70センチとして考えますと、CカップまたはDカップということになります。さらに同メンバーとの比較という観点を含めますと、大島優子はDカップであろうと読み解くことができます。

これは、日本人女性の平均カップサイズより大きい大島優子が、愛らしいルックスに加え、グラマラスで魅力的なスタイルの持ち主であることも再認識できることとなります。

Comments

  1. 匿名 says:

    優子は最高‼

Speak Your Mind