大島優子がブスと言われる10の理由

大島優子がブスと言われる10の理由

AKB48・大島優子がブスと言われるその理由。国民的アイドルグループAKB48の大島優子は2期からAKBを引っ張る主力メンバーです。人気という光があれば影もあります。「ブス」と言われてしまうことも多い大島優子。どうやら国民的グループを牽引してきた大島優子のキャラクターに答えがあるようですが、それは何なのでしょうか?



国民的アイドルグループAKB48の主力メンバーである大島優子。国民的行事となったAKB総選挙でも2位、1位、2位、1位、2位と常に上位に位置する安定感。国民的人気を誇るアイドルグループAKB48でセンターも務めたこともある大島優子がブスと言われる10の理由とは?

国民的アイドルグループを主力メンバーとして牽引するその性格の「強さ」が大島優子というキャラクターを際立たせ言動や立ち振る舞いが観る人に良い意味でも悪い意味でも、強烈な印象を残し「ブス」と言われる要因になっている可能性があります。その大島優子独特の「強さ」を醸し出す個性的な性格はどこから産まれたのか?国民的アイドルとしてどんなキャラクターなのか?そして第5回AKB総選挙でヘタレキャラと言われる指原梨乃に敗れたその理由とは何でしょうか?


大島優子がブス?10のポイント

①大島優子ジュニアアイドル時代

大島優子の芸能活動は幼少時代にまで遡ります。ジュニアアイドル(15歳以下のアイドルの通称)として12歳頃に芸能界に早々にデビュー。(ジュニアアイドルにはきゃりーぱみゅぱみゅや長澤まさみも名を連ねアイドルとして登竜門の側面もあります)

2013年現在、大島優子は24歳ですから芸歴は12年以上という芸能人としてベテランの域に達しています。ブスとまで言われる彼女のその性格の強さに芸歴の「長さ」もひとつの要因として挙げられます。

②1期生から3期生までブスだった

大島優子はAKB48に第2期生として加入します。3期生までが創世記のAKB48を作り上げましたがAKB総監督の高橋みなみは第5回AKB総選挙前特番で「今の(若い子)子達はカワイイ。1期生から3期生はブスだった」と同期の峰岸みなみらと語り峰岸みなみもまた1~3期生はブスだったと同意しています。

③大島優子刈り上げ事件


2010年総選挙において1位を獲得したら坊主頭になりますと宣言し1位を取るものの坊主にはならず有耶無耶になります。その有耶無耶になった経緯が後々にまで続くアンチを作ることになりました。そして2012年東京ドームコンサートで大島優子は突如、サイド刈り上げヘアを披露。今までの大島優子とのギャップもありファンには大不評でブスだとの声が強まりました。気合を入れる=坊主、刈り上げ。というおブス行為が男勝りなのが大島優子の魅力であり短所です。

④恋多きアイドル?

国民的アイドルグループとして確固たる地位を築いたAKB48 。大島優子も着実に知名度、人気を上げていきます。そして同期生であった増田有華が恋愛問題を起こし脱退。この時に大島優子は同期の増田に応援メッセージを送りますが大島優子自身の恋愛疑惑もありファンのヘイト(憎しみ)を買う結果になります。

芸能人としてはベテランらしい素晴らしい火の粉の払い方。かたやアイドルとしての恋愛禁止遵守という処女性。この矛盾するような状態がファンの間に「ブス」のくせに。という感情を産んでいきます。

⑤恋愛無双

恋愛禁止という鉄の掟を掲げるAKB48の中で数々のアイドルが疑惑や発覚でピンチになる中、大島優子は1人恋愛無双を見せつけ?ます。疑惑にあがっているだけでもウエンツ瑛士、男性ダンサーとのデート疑惑(ブログで同じ場所の画像)、前田敦子、佐藤健の飲み会での参加(前田敦子はAKB48卒業後)

しかし大島優子は数々の疑惑の中、坊主頭になることもなく、号泣謝罪もすることなくましてや脱退することなくAKB48の主力として君臨していきます。

⑥ブスあだ名

AKB48は国民的人気のあるアイドルグループですから人気者にはつきものの光と影つまりファン(光)とアンチ(影)があります。主力メンバーである大島優子にもアンチは当然います。AKB48メンバーには時にブスよりも皮肉ないわゆるブスあだ名がつけられます。

前田敦子は顔面センター、柏木由紀はにんにく鼻、篠田真理子は和田アキ子ヘアなど。AKBメンバー同士のtwitterでのやり取りでも隠語として使うほどある意味一般的なものになっているのもあります。大島優子につけられたあだ名は「顔面キン●マ」キン●マのように顔がシワクチャという意味なんだそうですが・・。ブスよりも酷いですね(泣)しかし芸歴12年以上を誇る大島優子の野望はこんなことでは潰えません。

⑦AKB48総選挙1位への意地

何かと対比されることの多かった前田敦子の卒業により大島優子には注目が集まる分、ブスと言われてしまうようなアンチもまた増えていったの事実です。そして前田敦子卒業後の第4回AKB総選挙において悲願の1位を大島優子は奪取します。
アイドル虎の穴・ジュニアアイドル時代、数々の恋愛疑惑、ブスあだ名、そのすべてを糧にして芸歴12年以上の大島優子はいぶし銀の貫録さえ見せます。第4回総選挙で1位を奪取した大島優子はシワクチャの笑顔で輝きました。

⑧輝かしい戦績

アイドル大島優子は過去のAKB総選挙2位1位2位1位と輝かしい戦績を残します。ブスと言われようが「顔面キン●マ」と言われようがこれは不変の事実です。国民的アイドルグループAKB48大島優子として輝きは色褪せません。

同じAKB48でトップアイドルの前田敦子とアイドル史に刻まれる壮絶なセンター争いを繰り広げたトップアイドル大島優子。鎬を削ったトップアイドル2人ともブスあだ名はつけられてはいましたがそれは人気の裏付けでもあるのです。

⑨ブスと言われた指原梨乃が総選挙1位に

2013年AKB総選挙において大島優子は指原梨乃に1位を奪われセンターから陥落します。アイドルの宿命か1位になった指原梨乃はブスアイドルと言われ恋愛発覚でHKT48に左遷されたアイドルでした。数々の恋愛疑惑をすり抜け、ブスあだ名をモノともしなかった大島優子が、ブスを売りに恋愛発覚して左遷され這い上がってきたアイドル指原梨乃に負けたのです。

劇的なドラマそして数奇な運命は本物のスター・トップアイドルにしか訪れません。大島優子は負けて本物のトップアイドルになった瞬間でもありました。前田敦子がいなくてもAKB48で大島優子はドラマを作ったのです。

⑩トップアイドルのスピーチ

第5回AKB総選挙において指原梨乃に破れた大島優子は2位のスピーチでこう語ります「涙の1つも出ないこの感覚なんでしょうかね(笑)おなか抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです。こんなに笑える総選挙は初めて。(私という)壁をすり抜けられた感じ。」と歴代の号泣、感動スピーチとは全く真逆の雰囲気を出します。

2位になった悔しさを笑いに変えながら指原梨乃を称えて、でも公には認めない。このスピーチが放送作家のテリー伊藤やスピーチトレーナーの大学客員教授からも大絶賛を受けます。そうです大島優子はAKBの中で最も芸歴が長くアイドル虎の穴から成りがってきた強か(したたか)モノなのです。その現実的な「強さ」が時に妄想を主とするアイドル像から乖離していてブスと言われることがあるのかもしれません。


いかがだったでしょうか?

大島優子がブスと言われる10の理由。生き馬の眼を抜く芸能界で切磋琢磨し国民的アイドルにまで巨大化したAKB48で主力メンバーとして上位を維持するその力強さと強かさ。第5回AKB総選挙で1位を奪取された指原莉乃へのベテランタレントのような絶妙なスピーチ。大島優子の男前すぎるその性格が女性のカワイイを最大限の売りとするアイドル業としての葛藤を生み出し大島優子はブスと言われてしまうようです。

Comments

  1. ちぃ says:

    かわいいぢゃないですか!

  2. nihe-mayu says:

    優子がブスだと!?

    ふざけんな

    どっからどう見たって可愛いし!

  3. 匿名 says:

    可愛いのに!

  4. (´Д`) says:

    めっちゃ可愛いよねっっ(*^^*)

  5. says:

    かわいいと思うよ1位になれるぐらいだもん

  6. 優子大好き says:

    優子がブサイクな訳ない!
    あんな可愛い子いままで見たことない!
    ブサイクだと純粋に思っている人は美的感覚がねじまがっているからしょうがないけど、好みもあるし
    でもブサイクだと思っているアンチは絶対ひがみ

  7. 匿名 says:

    可愛くない派と可愛い派に分かれる顔してると思う・・・

  8. 匿名 says:

    顔面き○たま

    っていう名前あったんだ~~~~~~

  9. says:

    かわいいんじゃね・・・・・・・・

  10. プログラム says:

    優子はかわいすぎるでしょう。

Speak Your Mind