前田敦子の私服8つのポイント

前田敦子の私服8つのポイント

ステージ衣装から私服までファッションアイコンの多いAKBメンバー。前田敦子も私服を公開し注目を集めています。アイドルの私服センスは同性ファンからの注目度、関心が非常に高く重要な要素となっています。前田敦子の私服はAKBファン、特に同性ファンからはどんな評価をされているのでしょうか?



前田敦子私服はAKBファンからどんな評価を受けているのでしょうか?アイドルの私服コーディネートには非常に関心を持つ同性ファンからはどんなファッションアイコンに映っているのでしょうか。アイドルの私服は「ダサい」という時代からアイドルの私服は「かわいい」という時代に変わり、アイドルの私服も大きな注目を浴びる時代になりました。男性ファンだけでなく女性ファンの獲得も人気アイドルとして重要な要素です。

同性のファン獲得には私服コーディネートは非常に大事であり選ぶブランドもセンスを問われます。会いに行けるアイドルからはじまったAKB48ですが私服コーディネートもお手本にしやすいアイドルとして進化していきました。AKB時代から前田敦子がどんなファッションコーディネートをしているのか検証していきます。


前田敦子の私服を読み解く8つのポイント

①ヒステリックグラマー

前田敦子の私服で前田敦子も大好き!と公言しているのがヒステリックグラマー。日本発の20代若者中心に大人気のブランド。お値段は結構高く10~20代の女性が購入するのは一般には少し厳しい価格設定です。前田敦子が私服公開で着用している回数も多く同性ファンからみると「間違いのない」ブランドです。

②ジル・スチュワート

2010年に放送された「AKBINGO」私服ファッションショーにおいて10代の前田敦子はジル・スチュワートのベルトを使用。アイドルステージ衣装のイメージと大きく乖離するファッションセンスであり10代でハイブランドを使いこなすその私服は同性の注目を大きく集めました。

③私服でもハイブランド


2011年NHK紅白歌合戦、12月30日のリハーサルにおいて前田敦子の私服が注目されます。鮮やかなイエローのスウェット(ヴィクトリアシークレット)シープスキンブーツ(AUG)と同性、特に小中女子からいわゆる「ダンスコーデ」(HIPHOPダンス時のラフなファッション)として1つのお手本となりました。このリハーサル衣装は海外有名セレブ愛用ということもあり前田敦子のブランドチョイスもアパレル業界関係者からも高評価を得ました。

④アイドルの私服観を変えた

AKBは篠田麻里子、板野友美を筆頭にファッションアイコンがたくさんいます。前田敦子も同性のファッションアイコンでありその私服姿は同性ファンの注目を常に浴びています。2013年には「AKBおしゃれ私服スナップ本」が発売になるなど「アイドルの私服はダサい」という過去のアイドル像を大きく変えました。マガジンハウス編集部曰く「どうしたら掲載されるのか、メンバーたちが研究していたそうです。プロ意識、競争意識は驚きでした」と語るように前田敦子もAKB時代からの私服公開が過去のアイドル像を覆す貢献をしたのは間違いないようです。

⑤パステルカラーorモノトーン、シンプル

パステルカラーを基調とした「かわいい」AKBステージ衣装とは違い、モノトーン、シンプルに抑えている前田敦子の私服。ロックテイストが好きと公言しているだけに「かっこいい」が私服コーディネートのベースになっています。前田敦子の私服の同性人気が高いのも女性的な「かっこいい」私服センスがあるようです。

⑥お手本にしやすい前田敦子

公式データ(2013年7月時点)によると身長161㎝スリーサイズB76 W60 H83の前田敦子は一般女性には比較的、見本にしやすい体型と身長であり前田敦子が愛用、着用していた衣装、ブランドが人気を集める1つの要素となっているようです。

⑦前田敦子私服大量買い?

AKBファンの目撃情報でAKB時代の前田敦子がヒステリックグラマー六本木店で「プライベートで洋服を90万円相当を大量購入していた」という噂がありました。あくまで目撃情報のみですので真偽のほどは確かではありませんがAKB時代の超多忙の中、空いている僅かな時間で大量に購入したと考えると信憑性は高く前田敦子の洋服好きが伺えるエピソードです。

⑧おっさんファッション?

もちろん、前田敦子へのネガティブな私服批評もありますがこれは私服という絶対的自由な「センス」の問題なので賛否両論あることは仕方のないことです。ダークカラーが好きな前田敦子がワンサイズ大きめの私服公開した時には休日のおっさん風に見えると批判されることもありましたが私服は失敗の中からコーディネートが洗練されていくものですから常に私服公開する芸能人は致し方ない部分があるのも事実です。


いかがだったでしょうか?

どちらかというとノーブランドを着こなすというよりはハイブランドをコーディネイトするのが好きな前田敦子の私服。AKB時代はフリルや可愛らしいデザインを基調としたファッションが多いためか私服はロックテイスト、ダークカラーが多めです。ハイブランドの私服が多いというのも決してネガティブな面だけではなく同性のファッションアンテナをくすぐりAKB、前田敦子の同性人気獲得に繋がりました。「アイドルの私服はダサい」という概念を大きく変えたことは間違いないようです。

Speak Your Mind