前田敦子の整形疑惑5つのポイント

前田敦子の整形疑惑5つのポイント

前田敦子は『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立ちました。(旧チームAに所属)。不動のセンターを守り続けた前田敦子ですので、自然と幼少期の写真が出回ります。変わっていないな、と感じられる部分もあれば、顔や身体を整形したかな?と思う部分があります。前田敦子が整形したと思われるのはなぜでしょうか?



それはあまりにも顔のパーツがコロコロと変わっているからです。今までは国民的アイドルということもあり、かわいらしい印象のメイクと髪型でした。しかし、AKB48を卒業後に前田敦子の顔は急変しました。目元や口元、ましては身体にまで整形したといわれる前田敦子。では、変わったと思われる場所は一体どこでしょか?


前田敦子の整形5つのポイント

①目元

まず第一に整形かと注目されるのは前田敦子の目元です。幼稚園の卒業アルバムから始まり、前田敦子の顔写真で比較されています。幼稚園、小学校ときて中学校。そして現在の写真と比較してみると昔から二重ですが、ラインの幅が違います。

これは前田敦子がAKB48卒業直前、8月17日の「ミュージックステーション」に登場した際の二重整形手術の跡が露骨だと話題になりました。右目の瞼の皮膚がポコっとなっています。これが糸で瞼を引っ掛けて作る埋没整形かといわれています。

また、最近はAKB48を卒業し女優という路線に転向しているのでメイクもアイドル時代とは変わってきているようです。まずはイメージから変えていく作戦なのでしょうか?AKB48にいたときも確実に綺麗になっていると話題になっています。髪をロングにしたのも変化の大きな要因だと思われます。そして、前田敦子のメイクもだいぶ濃くなっています。AKB48の頃の前田敦子は国民的アイドルだったので幼くかわいらいい印象になるようにしていますが、今は綺麗めなメイクでお洒落を楽しんでいるように思います。

②鼻を高くした

前田敦子の鼻筋が高くなったといわれています。カーブのラインが変わったので、プロテーゼを控えめに入れた整形ではといわれています。プロテーゼ素材はシリコンゴムで作られた人工軟骨です。医療用人工材料の進歩により、ソフトで自然な感触のものが開発されていて、半永久的にスッキリとした鼻を手に入れることが出来ます。

また、ヒアルロン酸を入れて鼻の根元を少し高くした整形ともいわれています。ヒアルロン酸は鼻の付け根部分から鼻筋・鼻先まで、バランスを見ながら少しずつヒアルロン酸を注入していきます。すぐにメイクも出来、1週間後には効果を発揮するのがとても手軽な整形方法です。

前田敦子の場合メイクで鼻筋を通すということも出来ますが、横顔が明らかに違い前田敦子の鼻がスッキリと高くなったので鼻の根元にヒアルロン酸を注入した整形説が高いと思われます。

③えら


前田敦子はえらが張った輪郭をしていました。AKB48時代はえらが張った輪郭を隠し、前田敦子のかわいらしさを最大限に引き出すショートボブが多かったイメージです。女子高生風の衣装にあうショートボブは前田敦子のイメージが定着しました。現在はスッキリとした顎のラインからボトックス注射を打った整形なのではないかといわれています。ボトックス注射とはえらに最適な整形の一つで、奥歯をかみ締める咬筋が発達し過ぎてエラが張っているタイプの顔に有効なようです。

筋肉の動きを和らげるボトックスを直接注射することで1ヵ月後にはスッキリとした顎になります。AKB48卒業後、2ヶ月の空白期間があったのでNYでボトックス注射で整形をした可能性が高いです。

④顎

前田敦子は顎の角度も違ってきました。セットバックで口元をひっこめたと考えられます。セットバックとは出っ歯や受け口の矯正のことで、上顎や下顎の骨を切り離し前後に移動させる整形方法です。確かに横顔がスッキリした印象に変わりました。

⑤豊胸

前田敦子が水着を嫌がるのは豊胸手術疑惑を疑われたからだといわれています。過去の水着写真を見ていると、確かに急に胸が大きくなりました。前田敦子は豊胸プロテーゼを入れた整形のようです。このプロテーゼの特徴は内側の輪郭は綺麗なX状の弧を描きますが、前田敦子の胸もXが綺麗に出ています。また、仰向けになった際に体位と着衣との圧迫でプロテーゼが逃げ場を失って鎖骨上の膨隆となって盛り上がる 自然乳では決して見られない現象が起きています。


いかがだったでしょうか?

人間の顔はパーツだけではなく全体のバランスが重要だそうです。顔の黄金比とも言われますが、たとえば「口の幅」が「鼻の幅」の1.5倍であったりとか、「目と目の間」の長さと「目の幅」が同じだったりすると美人に見えます。前田さんはパーツひとつひとつは美しいので、バランスをほんのちょっと整えるだけでものすごく綺麗になるタイプらしく、少しの整形で何十倍もの変化をもたらしたようです。

プチ整形といえばプチ整形ですが、均等に整えたというと聞こえがいいですね。綺麗になったといわれることは女性としてうれしいですね。AKB48を卒業してからは変な縛りみたいなものもなくなったので、本当の意味でイキイキしているのではないでしょうか。整形説もありますが、女優として、もっともっと輝いていくのでしょう。

Speak Your Mind