前田敦子のレーシック5つのポイント

前田敦子のレーシック5つのポイント

視力の劇的な回復が見込めるレーシック手術。昨今では費用の低下により、より一般的になりつつあります。芸能界や著名人にもレーシック経験者は続々と現れ、その効果の程が大きく注目されるようになりました。元AKB48のセンター前田敦子もレーシック手術によって視力を回復したようです。しかし、レーシック失敗により、後遺症に悩まされるという事案も多くあります。果たして前田敦子のレーシックは成功したのでしょうか?



すでにAKB48を卒業したとはいえ、前田敦子の人気はいまだに根強いものがあり、多くのメディアに露出しています。そんな前田敦子のレーシック手術は他の有名人よりも注目され、その術後の様子も当然注目を浴びるのです。前田敦子がレーシック手術を明かしたのは、2011年11月に自身のブログで「どこまでも見えちゃう気分!裸眼で生活できるのスッゴク嬉しいです!」と、今までメガネとコンタクトを併用していたことから解放された喜びを語っていました。

視力が低く、しばしば目を細める仕草を目にしていたファンからはお祝いの言葉がブログのコメント欄に記されて、知名度抜群の前田敦子の言葉はレーシック手術の大きな宣伝となりました。しかし、いつから前田敦子はレーシック手術に失敗したのではという噂が生まれました。果たして、前田敦子のレーシックは失敗だったのでしょうか?そんな噂が生まれたのはなぜだったのでしょうか?いくつかのポイントに分けて考えてみましょう。


レーシックを受けた前田敦子5つのポイント

①レーシック手術をした理由

芸能人がレーシック手術を行う理由にも様々ありますが、一般の方と同様にコンタクトレンズやメガネの煩わしさから解放されたいという理由が大きいと思われます。また、コンタクトレンズをしていると写真撮影時に乱反射してしまうこと、デジタル化されたテレビ画面ではコンタクトであることが分かってしまう為等多くあります。

前田敦子の場合、アイドル時代は写真撮影は非常に多く、コンタクトレンズによる反射も問題としてあったでしょう。そして、テレビ出演においてもバラエティだけでなく、女優として大成することを目指している前田敦子は、カメラでアップされる場面も当然想定し、その際に目の印象がどれほど大切かという事も深く理解していたでしょう。レーシック手術を受けた当時、前田敦子は多忙を極めており、レーシック手術が短時間で済む点も重要だったでしょう。

そして、忘れてはいけないのが注目度の高さです。前田敦子の知名度はレーシックを一般に広めるためには効果的です。その為、おそらく無償で手術を受けられたのでしょう。ブログでわざわざ病院の場所まで紹介したのはそういった意味合いでの宣伝もあったはずです。つまり、前田敦子本人の視力回復への願いとレーシック業界の思惑がお互いにとってプラスに働くことから手術に至ったのだと言えます。

②前田敦子レーシック失敗の噂の出所

前田敦子がレーシック手術に失敗したのではと言われ始めたのは、レーシック後であるのに関わらず伊達メガネをし、テレビに出演していた頃からです。レーシックをしているのにメガネをしているのは何故か、というポイントから始まり、目の印象が変わってしまっていることを隠すためではないかと憶測を生んでいきました。

術前、術後の画像を比較すると黒目の瞳孔部分が明らかに大きくなっていることが明らかだった為、ネット上で噂は大きくなっていきました。この症状はレーシック手術失敗の兆候として知られており、手術の失敗により光を移す機能が鈍くなり、常に瞳孔が大きくなってしまっているのではないかという噂となったのです。

③レーシック失敗の噂が大きくなった理由


前田敦子のレーシック失敗の噂が生まれてから少し経った頃2012年3月、前田敦子がAKB48からの卒業を発表しました。絶対的エース前田敦子の卒業の理由は様々な憶測を呼びました。メンバーとの不仲説や多忙緩和により女優業を優先する等、また、体調不良ではないかという話もありました。

その原因と言われたのが、多忙とレーシックの後遺症により今まで通りのスケジュールが難しいからではないかと噂されました。時期的にも後遺症が強く出るであろう時期と重なっており、レーシック失敗がすべての理由ではないにしろ、卒業の決断をさせたのはレーシックの後遺症によるものではないかと、噂は大きくなったのです。

卒業発表後も、自身の誕生日を祝う劇場公演「生誕祭」も体調不良による休演があったり、卒業後もしばらくメディア露出が減り、前田敦子の状況があまりにもレーシックの失敗の噂と合致してしまったのです。

④前田敦子、復活?

AKB48卒業から時が経ち、前田敦子は徐々にメディアに再び現れるようになりました。最近では連続ドラマ出演や、主演映画の公開等多くの仕事が重なり、前田敦子はレーシック後遺症から復活したのではという噂も聞こえるようになってきました。

少し姿が見えないうちに再び手術をして後遺症から脱したのか、長い静養期間で体が目に順応したのか、症状はかわっていないが無理やり仕事を多くするようになったのか、はじめからレーシックは失敗していなかったのか、様々な反応があります。目の印象が変わったことは事実ですが、失敗の憶測に根拠はなく、断定はできないのが現実です。

⑤レーシック手術への疑念

いかに前田敦子が注目度の高い芸能人であるとは言え、一人の人間のレーシック手術についてここまで噂が大きくなったのは、一般的にレーシックそのものへの疑いが深いからであるのも間違いありません。劇的な治療法として注目され、実際に一般に行えるような費用設定となった今でも眼科医自身が、レーシック手術を行っていない、そんな事実を世間が見逃すわけはなく、感染病、後遺症等の手術の安全性は疑念ばかりが付きまといます。

そんな疑念の塊であるレーシック手術を人気絶頂の前田敦子が行ったとなれば、多くの人がその動向を注目するのは当たり前です。そして、前田敦子の異変が少しでも見られればレーシックが原因であると噂になってしまうことも必然だったのです。注目度の高い前田敦子とレーシックという二つの事象が交わり、さらに注目度を高め、当然ネガティブな方向に向かい、レーシック失敗という噂を生んだというジンプルな出来事だったのです。


いかがだったでしょうか?

前田敦子という人気絶頂のアイドルが、夢のような治療法を行う。それは当然注目されます。その点はレーシック業界の思惑通りだったでしょう。しかし、事後の印象の変化、それだけで噂はネガティブな方向に走って行ってしまいました。

結果的に、成功か失敗かという判断はできませんが、レーシック手術へのネガティブな疑念は晴れるどころか、より深いものとなってしまいました。その点においては印象が変わったと言われイメージダウンの前田敦子にとっても、疑念が深くなったレーシック業界にとっても失敗であったことは間違いありません。

Speak Your Mind