前田敦子のフライングゲット5つのポイント

前田敦子のフライングゲット5つのポイント

元AKB48の前田敦子。彼女は2005年10月30日「AKB48オープニングメンバーオーディション」に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)初めて主役を演じたドラマ「花ざかりの君だちへ」の主題曲でもあった「フライングゲット」は累計161.2万枚売り上げました。約7年間のAKB48活動を送り、8月27日に前田敦子はソロ活動を送るために卒業します。不動のセンターといわれた前田敦子ですが、今もう一度注目されている曲があります。「あいたかった」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」代表曲が多数あるなかで、それは何でしょう?



それは前田敦子が主役を演じたドラマ「花ざかりの君だちへ」の主題曲でもあった「フライングゲット」です。キンタロー。のモノマネでもう一度脚光を浴びています。なぜキンタロー。がフライングゲットの前田敦子の真似をしたのでしょうか?曲は他にも沢山あったのに。フライングゲットの前田敦子にはどんな魅力が隠されているのでしょうか?


前田敦子のフライングゲットを読み解く5つのポイント

①キンタロー。のモノマネ

ヘビーローテーションが再脚光を浴びるきっかけとなったのがキンタロー。の前田敦子のモノマネです。2012年12月27日放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」においてキンタロー。が前田敦子のモノマネで初出場で優勝した夜に自らのアメーバブログが炎上し、そこから炎上芸人としてブレイクした。

炎上についてキンタロー。は前田敦子の事は尊敬しており、バカにしているつもりはないと説明しているようです。また、キンタロー。はデビュー前から前田敦子のモノマネをしていたのですが、フライングゲットを選んだ理由はフライングゲットはAKB48のシングル曲で前田敦子が総選挙で1位になったときにセンターで歌った曲なので前田敦子の代表曲といっていい曲だからだそうです。

②ソフトバンクのCM

ソフトバンクCM「白戸家」の新シリーズにて女教師役で登場している前田敦子が、モノマネ芸人キンタロー。のネタ“フライングゲット”を披露して話題となっている。CM中でも樹木希林が「吹っ切れたわね、前田さん」とつぶやくシーンもあり、これまでキンタロー。に対して沈黙を保ってきた前田敦子がCMを通して答えた形となった。CMでは前田敦子がテレビ付きの新型タイプを披露する。すると樽美酒から「なんでもう持ってるの?」と突っ込まれて、「フライングゲット!」「なんちゃって」と答えるのだ。

これについては早速、AKBファンのサイトでも「前田敦子がCMでキンタロー。のモノマネで仕返し」と取り上げられており、「あっさんさすがやで!」、「本家のフライングゲットは優雅だ」と評価されている。さすが本家。前田敦子のフライングゲット!ポーズはとてもかわいらしかったですね。

③過呼吸


前田敦子は過呼吸で倒れたこともありました。AKBは精神的に過度に負荷がかかったライブだそうで、過呼吸になる人もいるそうです。前田敦子は西武ドーム2日目のリハーサルの際にか呼吸となり倒れてしまいました。本番にはなんとか回復して間に合ったものの、連続する出番と猛暑の中、再び過呼吸となってしまった前田敦子。

フライングゲットの曲紹介も自身で出来ずに、歌えるのか?と誰もが思った中、フライングゲットのイントロが始まるのいつもの前田敦子となって華麗にステージで歌って踊っていました。総選挙で1位になって掴んだセンターへの思いは、きっとフライングゲットには沢山詰まっているのでしょう。プロであることを再認識させられますね。

④衣装

フライングゲットの衣装は今までの制服とは違い、ゴールドの衣装です。この年に多くのメンバーが二十歳を迎え、大人な女性をイメージしてゴールドという派手な衣装にしたようです。フィットしたトップに膨らんだスカートでスタイルをよく見せ、大き目のヘアアクセサリーは小顔効果も抜群です。

⑤髪型

前田敦子は2011年7月からスタートの「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」で男に扮装して男子校にもぐりこむという主人公を演じるために断髪しました。前下がりボブだった前田敦子の髪型は一気にショートカットになりました。フライングゲットの時はコテやワックスを使ってアレンジしていました。大き目のヘアアクセサリーをつけることによって髪の短さをカバーし、男役だった前田敦子から一気にAKB48の前田敦子に変化し、フライングゲットを歌う不動にセンター前田敦子になりました。


いかがだったでしょうか?

AKB48の代表曲のフライングゲットですが、このときの前田敦子には色々な変化がありました。総選挙や主演ドラマによって過度のストレスが加わり、過呼吸になったこともありました。そんな中でもセンターを務めるフライングゲットでは何事もなかったかのように踊りうたいきり、センターは前田敦子しかいないということを証明しました。今再注目されている前田敦子と代表曲のフライングゲット。今後がますます楽しみです。

Speak Your Mind