AKB河西の手ブラ事件5つのポイント

AKB河西の手ブラ事件5つのポイント

AKBを2013年5月に卒業した河西智美ですが、第二期生としてAKBを初期から支えてきた存在ですが、卒業までの間様々な事件を起こしてきました。その最たる事件に2013年1月の手ブラ事件が挙げられます。

写真集の表紙として使われるはずであった手ブラ写真が元でAKB内ではなく世間的に大きな事件が起きてしましました。この事件は河西智美のAKBでの歴史を象徴するようなお騒がせ事件でした。いったい河西智美の手ブラ事件とはどんな事件だったのでしょうか?



河西智美は2012年のAKB48メンバーによる競馬予想バトル「AKBのガチ馬」の優勝のご褒美として写真集の発売が2013年2月に予定されました。しかし、写真集の表紙として撮影された手ブラ写真に問題があり、写真集の発売は中止となりました。AKBの歴史の中でも河西智美は様々な問題を起こしてきたメンバーでしたが、この手ブラ事件は社会的にも波紋は大きいものでした。

手ブラ写真における問題が世間の知るところとなったのが2013年1月です。河西智美の卒業発表の後でしたが、本人の今後に少なからず影響もあるはずです。この手ブラ事件に関する河西智美、AKB、社会の影響を事件の内容を踏まえいくつかのポイントに分けながら考えていきましょう。


AKB48河西智美のてぶら5つのポイント

①事件の発端

事件の発端は2013年1月、講談社が河西智美の手ブラ写真を掲載したヤングマガジンの発売を延期したことにあります。手ブラの何が問題となったかというと、河西智美自身の手でブラ代わりにしているのではなく、外国人の少年に手ブラをさせていることが問題となりました。つまり少年に河西智美のバストをしっかりと触れさせているのです。

講談社は「出版物へのチェックが行き届いていなかったのが原因」と謝罪し、「社会通念上、読者に不愉快な感情を抱かせる」と判断し、ヤングマガジン7号の発売を延期し、回収を呼びかけ、購入金額を返金するという事態となりました。

回収しきれなかった分が一部オークションに出回り、一時8000円以上の値が付くことになりました。それを受けてYahoo!オークションはヤングマガジン7号の出品の全面禁止するという事態にもなりました。これが、AKB河西智美手ブラ事件の始まりでした。

②写真集発売中止

ヤングマガジンでの騒動を受けて講談社は2013年1月24日に河西智美の手ブラ写真が表紙となるはずであった写真集の発売の中止を発表いたしました。同時に予約の取り消しの呼びかけを始めました。理由としては関係者との調整がまとまらない為ということでした。既に製本が終わっていたヤングマガジンの発売延期と写真集の発売中止による被害総額は印刷代、広告料、購読料、編集制作費等を含めると数億円の被害と言われています。

③警察沙汰?


さらに、警視庁少年育成課が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、講談社幹部から事情聴取していたことが分かりました。警視庁は講談社が自主的に発売を延期したことを考慮しながらも問題の写真が「児童ポルノ」の提供に当たるかを調べていたそうです。

「児童ポルノへの罰則が日本より厳しい欧州系の少年がモデルに使われているため、国際的に問題視される可能性も考慮している」と捜査の背景があったそうで、やはり手ブラをさせて河西智美のバストに触れさせていてことが問題となったようです。実際の立件は見送られましたが、警察が動き出すような問題であった為に多額の被害総額が出ることが分かりきっていてもAKB河西智美の手ブラ写真を封印しなければいけなかったのです。

④河西智美の歴史

そもそも河西智美のAKBでの歴史は騒動だらけです。テレビ番組の罰ゲームは体調不良により回避したり、AKBの醍醐味且つ代名詞である握手会においては遅刻であったり、ここでも体調不良で欠席することも不自然に多く、プロとしての姿勢に疑問を持たれていました。さらにテレビ朝日「いきなり!黄金伝説。」の1ヶ月1万円生活ではなんと逃亡し、勝手に自宅に帰り、結果リタイアしました。これは所属事務所としても勝手に行われたことと言うような騒動でした。

AKBの総選挙では選抜常連の河西智美はまさにAKBのトラブルメーカーでした。さらに手ブラ事件、そして卒業直前にも男性とのスキャンダルが報じられました。河西智美は有名所属事務所にいながらも、AKB内においては決して後輩の手本となるような先輩ではなく、問題児と言わざるを得ない存在でした。

⑤事件後の河西智美とAKB

手ブラ事件の後、スキャンダルを経て卒業した河西智美ですが、現在は2枚目のソロシングルを発売する等、芸能活動を続けてはいます。 これは事務所の力も大きいのでしょうが、騒動を起こし知名度を上げてきた河西智美の炎上商法が成功したということです。

ただ、今後は守ってくれるのはAKBという大きな盾ではなく、ビジネス中心の事務所だけです。どこまで芸能人として活躍できるかは未だ予想はできません。河西智美はAKBに於いては所属時代からソロ仕事はあるが超選抜ではないといういわゆる中堅メンバーでした。こういったメンバーの卒業は実は今まであまりなく今後の指針としてAKBとしても重要な存在ではあります。

現在のメンバー達にとって超選抜でなくても卒業後活躍する為には、そういった手本となるのです。河西智美の売りは手ブラ事件だけではなく、「お騒がせ」です。現存のAKB中堅メンバーにとっては売りを何が何でも獲得することが生き残りの条件であると河西智美は結果として教えてくれたのです。


いかがだったでしょうか?

お騒がせアイドル河西智美の手ブラ事件はAKBだけでなく、社会的に大きな騒動となりました。河西智美はこの手ブラ事件にて「お騒がせ」という売りを完成させ、AKBを卒業しました。様々なドラマを内包し、同時進行していくことが魅力であるAKBというグループにとって河西智美の手ブラ事件はメンバーにとっての卒業後の指針として大きな影響を残したのでした。

Speak Your Mind