板野友美の整形5つのポイント

板野友美の整形5つのポイント

AKBを卒業した板野友美はAKBの第1期生であり、これまでAKBの人気を支えてきた重要人物です。先日の2013年選抜総選挙では卒業発表後の出馬でありながら11位にランクインしました。しかし、板野友美は人気というポジティブなイメージだけではなく、整形というネガティブなイメージも付きまとっています。整形前とされる写真と整形後とされる写真の差が激しく、整形していると噂されています。果たして本当に整形前とされる時期と異常な変化をしているのでしょうか?



AKBにおいて板野友美の存在は大きく、総選挙も初回7位、続いて4位、8位、8位、11位と常に上位でしたが、それ以上にCM本数15本(2013年5月現在)とメディアへの露出も非常に多く、AKBへの興味の窓口的な存在として総選挙の順位以上の貢献をしてきました。

AKBファンに最も多い男性層よりも総選挙に投票をしないようなライト層の女性からも人気認知度が高いのが板野友美です。当然注目度も高く、整形する前はここまで人気がでるようなルックスではなかっただとか、整形前の面影はないというように過去の写真が出回って、整形批判されるAKBお決まりの噂も板野友美から始まったと言えます。本当に整形したのでしょうか?整形前と整形後のされる変化も含めていくつかのポイントに分けて考えてみましょう。


板野友美の整形疑惑5つのポイント

①目の変化

板野友美の整形前とされる時期と整形後の時期で、大きく変化した箇所の一つが目です。比較写真として良く出される14歳の頃の画像から、デビューした15歳の頃の画像ですが、ここではヘアメイクのレベルが上がった程度の印象で、奥二重がアイプチで二重になったような変化です。ここから16歳になって二重の幅が広くなりました。この時点では並行の二重ではなく切開による整形ではないようですが、18歳になると目頭が開いて綺麗な並行二重になっているのでここで、切開をしたのではと言われています。

最近では涙袋が大きくなっており、これはヒアルロン酸注射によると言われています。一時期からアイプチやアイテープ、メイクによる変化とは考えられないほど変わっているので、目の変化が最も板野友美が整形前と変わった点だと言われています。

②鼻の変化

続いて、鼻の変化です。14、15歳頃の板野友美の整形前の鼻は特に高くも低くもないという印象です。18歳頃に急に鼻が高くなります。当時はまだ腫れているのか、おでこと鼻根部が同じ高さで不自然な横顔となっています。1年ほど経った19歳頃には腫れも引き、自然なキレイな鼻のラインになっています。しかし、整形前とは明らかに形状が変わっており、メイクではキレイなラインは演出できても高さは変えられないので、鼻も整形と思われます。

③アゴの変化


もう1つの整形前との大きな変化はアゴです。整形前14歳の頃は比較的アゴがない印象でしたが、現在の板野友美はアゴがかなりシャープにとがっています。整形前の丸い小さなアゴから急にシャープなとがったアゴになっている為、変化がとても目立ちます。

しかし、これだけでなく整形疑惑を大きくさせているのはアゴがぐにゃっとまがった様子がテレビで見られることがあるからです。美容整形でプロテーゼを入れて時によくあるトラブルということで余計に整形疑惑を大きくしてしましました。この印象から、整形前から大きく変わった板野友美の顔には多大なメンテナンスが必要だという話も言われ、劇場公演の出演が少ないのもそういったメンテナンスの為に小休止が必要だからとも噂されています。

他の箇所でも唇のアヒル口が整形であるだとか頬もおかしいだとか数をあげればきりがないほど整形前と変わっていると言われています。

④否定的意見

雑誌の調査で板野友美の整形前とされる写真と、現在の写真を比較したところ10人中10人が整形していると判断したという話もあります。一方で有名美容クリニックである高須クリニック院長の息子でる高須幹弥氏は、板野友美の整形疑惑を完全に否定した意見を述べています。

高須氏によると、目はアイテープでつくった二重と99%間違いないとし、頻繁に二重の形が変化することから多忙な板野友美が整形を行うのは難しいそうです。鼻についても美容整形では細くスマートな鼻を作るのが常識で、板野友美のように眉間から鼻根にかけて少し横に広がった鼻をシリコンで作る美容外科医はいないそうです。

アゴについても、アゴ先を丸める整形はなく、マイルドに尖らせるのが通常だそうです。これはあくまでも高須氏の個人的な見解であり、真実かどうかはわかりません。ただ彼がAKBの大ファンであることは周知の事実で、擁護にまわっているだけなのかもしれません。

⑤なりたい顔1位

高須クリニック集計の美容整形でなりたい顔ランキングにおいて板野友美はランキング1位となっています。整形であることはバレてしまっているが、それでもなりたい顔であると認められているということです。板野友美は整形前、憧れの安室奈美恵のようになりたくて整形をしたのかもしれません。

それが、今では板野友美自体がなりたい顔となっているのです。整形前に比べたら板野友美は人気が大きく上がりました。AKBの人気を引っ張ってきたのも、整形前からの変化を努力をした板野友美の力もあるはずです。整形前にはなかった自身を彼女は得たのです。

大手事務所所属の板野友美は当然、整形しているのならば事務所公認のはずです。少なくとも、こういったルックスの変化も含めて多くの女性に憧れられるような売り方を事務所は推してきたのでしょう。様々な状況面から見ると非常に整形の可能性は高いです。しかし、これはマイナスではなく、板野友美にとっては大きなプラスだったのです。


いかがだったでしょうか?

整形前とされる頃から、ルックスも人気も大きく変わった板野友美は整形前から現在までの変化を含めて人気と憧れの存在となったのです。様々な批判に対して向かっていける強い心は整形前はなかったでしょう。

しかし、板野友美はその変化と共に自信を得て自分というものを見つけたのです。なりたかった女性の憧れになったのです。整形かメイクか真実は分かりませんが、今現在の板野友美という存在は成功していることは確かです。

Speak Your Mind